ルノアール・新宿靖国通り店は、Wi-Fiや電源もあり、空いているので仕事場に最適です

完全無欠なコーヒー探求家です。今日も、

仕事や人生のパフォーマンスが最高潮になる、完全無欠なコーヒーを探求し、あなたに届けていきます。

※完全無欠なコーヒーとは…
あなたの仕事や人生のパフォーマンスが最高潮になるコーヒーのことを指します。

ルノアール・新宿靖国通り店にて、ビターブレンドをいただく

今日は、11時より新宿で打ち合わせです。が、朝10時と早く着いてしまったので、『ルノアール・新宿靖国通り店』にてこの記事を書いています。

で、こちらがルノアール・新宿靖国通り店の店内の様子。

老舗カフェらしく、落ち着きとゆとりのある空間が特徴のカフェですね。チェーン店ながら、チェーン店らしくない内装で僕は気に入っています。

特に、ルノアールは仕事する時は最高ですよ。Wi-Fiもあるし、電源席もあるし。

あと、その他コーヒーチェーン店に比べて対象年齢が高いことと、値段が高いことから、お客さんも結構少ないです。ここも、僕が仕事場としてルノアールをおすすめする一つの理由。

新宿靖国通り店が空いてなかったら、歩いて5分以内に”新宿区役所横店”があります

ちなみに、”新宿靖国通り店”は、大通りに面しているので場所柄結構混むこともあります。平日の午前中は空いていることも多いのですが、昼間とか、休日・祝日は結構混むことがあります。

もし”新宿靖国通り店”が空いてなかったら、歩いて5分以内に、”ルノアール・新宿区役所横店”があります。

こちらのほうが店舗も広いですし、目立たないので空いている傾向が高いです。

ビターブレンド(590円)をいただく…

で、注文したのは”ビターブレンド(590円)”。ルノアールに来た時はいつもビターブレンドを注文しています。

で、肝心のお味ですが…ビターらしく、苦味が全面に出たコーヒーです。が、そんなにしつこい苦味でもなく、控えめな苦味って感じです。

ただ、口に残る感じがありますね。なので、値段の割には正直そこまで美味しいというわけではないです(笑)スタバとか、ドトールよりは明らかに美味しいんですけどね。

高いけど、お水と緑茶がおかわり自由


ただ、コーヒー自体の値段は安くはないですが、お水と緑茶が必ず付くので、それを考えると実は安いのではないかなと思います。

お水も緑茶もお代わり自由なので、落ち着いて仕事に集中できますよね。

ルノアール最大の欠点が2つ…

ルノアール 欠点

そんな、仕事場としては完璧に見えるルノアールですが、2点、欠点があります。

ルノアールの欠点その1:喫煙席

それは、喫煙席がかなり大きいことと、トイレが殆どの店舗で、喫煙席側にあることです。

なので。トイレに行くときは、煙草の煙を浴びながらトイレに向かうことになります。

あと、喫煙席と禁煙席の仕切りがないので、禁煙席に座っていてもタバコの匂いが漂ってくることが多いです。タバコが大の苦手な人は結構きついです。

僕自身もタバコは結構嫌いなのですが、まあ短時間であればいいかなって感じです。でも、流石に長時間、副流煙を吸わされ続けるのはつらいです(涙

ルノアールの欠点その2:ネットワーカーの巣窟になっていること

ルノアールの店舗に行くとかなり目立つのが、ネットワークビジネスの勧誘。

お店の前には、デカデカと「ネットワーク等の勧誘は禁止」って書いているんですよ。

にも関わらず、平気で勧誘を行っているネットワーカーの多いこと多いこと。まあこいつらは底辺ネットワーカーなのでしょうが。ルールくらいは守れよって感じですね。

そして、ルノアール側も、禁止しているにも関わらず平気で勧誘している小奴らを排除してほしいですね。そこが、欠点その2です。

これはボックスのタイトルです。
※擁護するわけではないですが、僕は”ネットワークビジネス”というビジネス自体を否定するわけではないです。が、公共のルールも守れない人間は、ネットワークどころか、ビジネスすらもやるべきではないと思っています。

といったところですね。欠点2つはありますが、なんだかんだ僕はルノアールを、仕事場として気にって使ってます。一度使ってみて、合うか?合わないかを見てみるのが良いかもしれませんね。

ということで、ルノアール・新宿靖国通り店でした。

ブログランキング参加中

「もっと美味しいコーヒーを知りたい!」ということであれば、ぜひ応援クリックをお願いしますm_ _m

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする