ロクメイコーヒー・JCRC2016 第3位入賞記念 井田浩司特別ブレンドを飲んでみた

完全無欠なコーヒー探求家です。今日も、仕事や人生のパフォーマンスが最高潮になる、完全無欠なコーヒーを探求し、あなたに届けていきます。

※完全無欠なコーヒーとは…
あなたの仕事や人生のパフォーマンスが最高潮になるコーヒーのことを指します。

ロクメイコーヒー・JCRC2016 第3位入賞記念 井田浩司特別ブレンドを飲んでみた

本日は、オンラインショップで有名な”ロクメイコーヒー”さんの、”JCRC2016 第3位入賞記念 井田浩司特別ブレンド”を飲んでみました。

ちなみに”JCRC2016”とは、「ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ2016」の略です。

まあつまるところ、「コーヒー焙煎技術の日本一を決めようぜ!」という大会だそう。

そのJCRC2016で、ロクメイコーヒーの井田浩司さんが、3位入賞を果たしたのだそう。

その記念のブレンドが、今回ご紹介する”JCRC2016 第3位入賞記念 井田浩司特別ブレンド”です。

注文したら、手紙が付いてきました。かなりの気合の入れようですな!

で、コーヒーはいつものように、”HARIO V60 珈琲王“にて入れております。

早速飲んでみよう!

コップを鼻に近づけると、香ばしい香りが鼻を突き抜けていく!

早速飲んでみよう。…おお、なんかフシギな感じ。

最初口に含んだ時は、ナッツのような香ばしさが確かにある。

だけども、同時に酸味も感じられる。

酸味といってもくどい酸味ではなく、美味しさと爽やかさの残る酸味です。

ちなみに、苦味はほぼないです。コーヒーの苦さが苦手な人は、かなりオススメですね。

香ばしさと繊細さのある、高いレベルでバランスのとれたコーヒーだなーと。

突き抜けたものを求めているのであれば、多分このコーヒーはもの足りないです。

が、酸味と香ばしさのバランスを求めてる人は、好きなコーヒーだと思いますよ。

さっと飲むと、香ばしさだけが。じっくり飲むと、酸味と香ばしさが。

ちなみにこのコーヒー、さっと飲むと香ばしさしか感じません。

酸味も感じたいのであれば、口の中に少し含む時間も入れてみてください。

爽やかな酸味が、口に広がるはず。

完全無欠コーヒー(バターコーヒー)には合わない

ちなみに、完全無欠コーヒー(バターコーヒー)としても飲んでみました。


が、せっかくのナッツの香ばしさがバターで吹き飛んで、酸味だけが残ってる感じです。

なので、完全無欠コーヒーには明らかに合わないっ!(笑)ふつーに飲むことをオススメいたします。

ブログランキング参加中

「もっと美味しいコーヒーを知りたい!」ということであれば、ぜひ応援クリックをお願いしますm_ _m

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする